読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕が女の子としてみたいこと

 久しぶりのブログです。最近は言いたくなったことはツイキャスで言うのに慣れてきて、そちらばかりやっているのですが、あれは頭の回転が必要で上手く思考がまとまらないので、今回はブログに書くことにしました。

 

 ええ、私は今年で20になる童貞のフリーターです。明らかに結婚は不可能です。しかし、男に生まれてきたからには女性に愛されたいものです。そこで今回は、もし彼女ができたとしてやってみたいことを挙げていこうと思います。

 

 

・男性一人じゃ行きづらい店に行ってみたい!!

 

 まぁカップルの特権ですよ。プリクラとかディズニーとか。ぶっちゃけどれもクソなんだけど、彼女と一緒にいればどこでもワンダーランドなんですね。あとは服屋ですね。まさかユニクロだのしまむらだのとは言いませんよ。例えばマミタスみたいなピンクピンクしたガーリーなヤツ。女の子に「これどう?」って聞かれた暁には「うん!似合ってるよ!」って、何着たって言いますね。それじゃあ評価にならないじゃないか。

 

 

・彼女に怒られたい!!

 

 いやいや、そういう趣味の話じゃないです。なんていうか、人は他人に対して愛想笑いはできても、キチガイでもない限り本気で怒れないと思うんです。だから、怒られたら、ある意味自分のことを思ってくれている証拠だと思えて幸せになれそうです。まず女の子を本気で怒らせるなよって話だけど。

 

・彼女の家に行きたい!!

 

 まあ最初のに動機は似てるんですけど、自分はやっぱりガーリーなものを摂取したくて、それはどんなにタマ付いた男が頑張ったって真似できなくて、だから彼女からいっぱい「女の子」というものを教えて貰いたいんです。

 

・sex

 ......バカ